うつの防ぎ方と治し方|チェックと予防を忘れずに

ウーマン

うつの治療方法

医師と聴診器

薬で治療する時の注意点

うつは、最終的には自分で克服しなければならない病気です。しかし、発症した場合、初期段階では症状は悪化の一途を辿り、しばらくは無気力状態やネガティブになっている状態が続きます。そしてそこから徐々に回復していき、以前の状態に戻っていきます。この時のサポートを行うのが抗うつ剤です。抗うつ剤はセロトニンやノルアドレナリンの分泌の手助けをしたり、睡眠の補助を行ったりと薬によってその効果は変わります。また、以前は副作用が激しいことで敬遠されていましたが、近年では副作用をおさえたものも開発されています。抗うつ剤を使用する時に気をつけるべきことは、本人ではなく、家族がしっかりとサポートとチェックをすることです、というのも、うつ病の患者は抗うつ剤の服用を意思に無断で中止してしまうことが多いからです。「効果を実感できない」、「自分には必要ない」と、勝手に判断して中止してしまうのです。そのため、薬の所持を患者本人に任せてしまうと勝手に処分してしまうこともあります。よって、薬は患者の家族が管理し、飲んでいるかどうかのチェックを行ったほうが良いかもしれません。

立ち直るまでのプロセス

うつというのは、一度発症すると完治に一年以上費やすケースが多いです。具体的にプロセスを説明しますと、発症してしばらくはふさぎ込みネガティブになり、感情が暴走している状態が続きます。この状態は長ければ数ヶ月ほど続きます。そして抗うつ剤などで徐々に回復していき、無気力状態から徐々に立ち直っていきます。この時期でもまた以前の状態に戻る可能性があるので入念なメンタルチェックが必要です。そして、そこから経過を確認し、以前の状態に戻ったとしても、まだ完治ではなく寛解(かんかい。病状が今のところはおさまっているという意味)状態であり、そこからしばらくは治療とメンタルチェックを行います。なぜなら、ここからでもまだ再発するおそれがあるからです。そして、入念なチェックを行い問題がないようなら徐々に薬の量を減らし、治療が完了することでようやく完治です。ここまでで、症状が軽めの人の場合はおよそ一年以内で治りますが、症状が重い人は年単位で治療期間が伸びることもあります。よって、初期段階で防げるように定期的なチェックは欠かさないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加