うつの防ぎ方と治し方|チェックと予防を忘れずに

ウーマン

付き合い方を考える

ウーマン

支えることが大事

うつになった人は、一人で生活をするのが困難になるほど無気力になってしまいます。また、一人でずっとふさぎ込んでいると余計に鬱屈してしまう可能性もあるため、家族や友人が支えてあげましょう。その時に覚えておくべきことは、接し方です。たしかに人と接することでうつの症状は緩和できる可能性は高いですが、逆に悪化してしまうケースもあります。例えば、「頑張れ」と応援してしまうことや「そんなことはない」などの否定をしてしまうと、症状は悪化してしまいます。うつの人というのは通常の人と違ったメンタルであり、応援は責められているように感じてしまうものであり、ポジティブな意味での否定も自分の頑張りを否定されているように聞こえてしまうものです。そのため、話すときは応援や否定をせずに、聞き役に徹しましょう。そして、どうすればいいのかという悩みを一緒に考えてあげましょう。

うつは伝染する

うつの人と接する時に注意すべきことは、自分自身のメンタルです。うつは、伝染の可能性があり、治そうと思って接した結果、自分もうつになったという事例は多いです。これは、相手との会話をすることで自分のメンタルにも影響が生じ、発症してしまうのが原因です。よって、ミイラ取りがミイラにならぬように、セルフチェックやセルフケアは必須です。最近なんか寝付きが悪くなったと思ったのであればセルフチェックをしたり、かかりつけの医師にチェックしてもらいましょう。メンタルチェックはメンタルクリニックのサイトで無料で行うことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加